電動アシスト自転車情報

電動アシスト自転車を買いたいと思っている方に、口コミ情報などで、激安価格情報や電動アシスト自転車の選ぶポイント、メリット、デメリット、メンテナンス情報、自転車の事故に合わない運転術など、内緒で教えてしまいます。お役立ちなおせっかいなブログです。

スポンサードリンク

電動アシスト自転車のメンテナンス

電動アシスト自転車のメンテナンスは基本的に自転車と同様ですが、多少重量が重くなるので、空気圧のチェックとタイヤの溝チェック、制動装置の点検ですね。装置は専門家にしかわからないので、バッテリーを長持ちさせる方法を考える。と言うことですね。電動アシスト自転車はバッテリーがポイントになりますので、やはり、スペアバッテリーを用意しておいて交互に使うことが良いのです。そして、雨ざらしにはしないこと。事故防止策に、夜間のために、バック・フロントに蛍光テープ。テールランプ、ヘッドランプを電池式にする。電動アシスト自転車は、故障が禁物なんですよ。普通の自転車は全部人力ですので・・・。
起伏のある地域に住んでいる方で、自転車はたいへんだ〜と思っている方には、最高の乗り物となりました。今後性能や、機能も向上するでしょうから、ますます楽しみになりますね。
ちょっと豆知識:
自転車は道路交通法では、車両になります。免許は必要ないんですが。車両となれば車道を通行しなければいけません。基本的に歩道は通行してはいけません。(歩道通行可能の標識がある場合を除く)ですから、逆走なんてとんでもないことですし、とても危険なことです。そして事故になった時は、歩行者との事故ではバイク、車と同じように、休業補償や治療費なども請求されることになりますので、責任が重いと言うことを忘れずに。

電動アシスト自転車の激安情報

電動アシスト自転車は基本的に高額な自転車の部類に入りますよね。ポンっと気軽に買えるような額ではありませんし、普通の自転車が何台も買うことができるくらいの価格が設定されている電動アシスト自転車も数多くあります。そんな電動アシスト自転車が少しでも安く買うことができたら嬉しいですよね。電動アシスト自転車の激安情報は、インターネットで知ることができます。となると、通販を利用する形になりますが、店頭で買うよりも断然お得ですから少々時間がかかっても通販を使ったほうが利口だと思いませんか。メーカー別に調べることもできますし、予算が決まっている人はその予算に合わせて探すこともできます。また、性能や機能に外すことができないものがあれば、そういった機能が付いている電動アシスト自転車から選んでもいいですね。例えば、店頭にある電動アシスト自転車にめぼしをつけておいて、インターネットからその自転車の価格が一番安いものを探すことだってできますから、通販を大いに使うべきだと思います。同じ自転車なら安いに越したことはありませんから、インターネットでいろいろ調べながらお気に入りの電動アシスト自転車を見つけてくださいね。

電動アシスト自転車の口コミ

電動アシスト自転車が欲しいと思っていても、周りに乗っている方がいなかったり初めて購入しようと思っている方は、電動アシスト自転車がどういうもので、メリット・デメリットを知りたいと思うのは当然ですよね。決して安い金額の自転車ではないので、買って失敗するわけにはいきません。そういうときは、電動アシスト自転車の口コミを覗いてみてください。口コミには、実際に乗っている電動アシスト自転車がどういうものでここが良くなかったとか、あの電動アシスト自転車はここがいいよなどといった意見を見ることができるので、とても参考になると思います。電動アシスト自転車も種類やメーカーによって特徴があるので、その特徴が自分に合っているか確認することもとても大切だと思います。電動アシスト自転車なら何でもいいわけではないですよね。自分がどういったことで使うために買いたいのかという基本があるわけですから、その基本に適った電動アシスト自転車を買わなければ、後悔することになってしまいます。今すぐに欲しくても、ちょっと辛抱して、吟味をしながら自転車の特徴を知った上で購入するようにするといいですね。

電動アシスト自転車の価格

電動アシスト自転車の価格は、メーカーによっても機能の充実さによってもピンきりですが、だいたい6万円から8万円代が多いようです。中には10万円以上もする電動アシスト自転車もあります。
電動アシスト自転車にもいろいろな種類がありますが、基本的なものからコンパクトに折りたたみができるタイプ、子供を乗せられるタイプ、またスポーティさを前面に出したものから長距離に耐えたられるように作られた電動アシスト自転車など、他にもさまざまなタイプがあります。自分の用途に合わせてどのタイプにするか決めることができるくらい選択肢がたくさんありますね。私は子供がいるので、買うなら子供を乗せられるタイプを買います。
価格的には安くありませんが、電動アシスト自転車なら子供を乗せても快適に走ることができそうですよね。自転車と言うのは高ければ高いほど性能や機能が充実していていいものがある!と言われているくらいですから、10万円以上もする価格の電動アシスト自転車は、さぞかし満足のいくものだと思います。簡単に決意して買えない額ではありますが、快適さや長い目で見れば、少々高くても失敗するような商品ではないかもしれないですね。

電動アシスト自転車の選び方

電動アシスト自転車の選び方は、まず、必要かどうか自転車だときつい坂道が多いかどうかと、使う距離によっては往復バッテリがもつ距離かどうかだと思います。多くのケースでは、坂道が多く買い物などに自転車を使わなければならない状況で、購入していることが多い長距離では坂があっても不向きだと思われます。解決方法は、バッテリーを予備で買っておき交互に必ず放電してから、充電をして、電池を長持ちさせる。距離は片道、最大一つのバッテリーで持つ距離までにする。
よく、原付にするか、電動アシスト自転車にするかで、原付はスピードが出るし、事故が怖いと言う人がいますが、オートバイでの事故は、オートバイだけを乗る人は車を運転する人から、どんなふうにオートバイが見えるかがわからない、反対に車に乗っている人はオートバイがどんな動きをするかよくわからない点が多いようです。
私は、オートバイと車の免許を持ちそれぞれ運転をしてきましたので、経験から述べると、車の後ろに付いたら昼間でもライト点灯し、バックミラーに自分の存在が分かるようにしておく(死角には入らない)。そして、チョロチョロ動きすぎない。
当然、車が曲がる時の、内輪差には入らない(入ったら自殺行為です)。車と歩道の間をなるべく通らない(信号待ちの長い列があるときには仕方なく通る時がありますが、急にドアを開けるときがあるので、スピードは出さない)。これだけでも、事故の確率は確実に少なくなります。電動アシストのメリットデメリットはもちろんありますが、原付のオートバイと比べることはあまりしません。もし、近くのスーパーに買い物に行く時に(坂道がきつかったとして)自転車が良いか、それとも電動アシスト自転車が良いか。だって・・・、自転車の手助けをするそれが電動アシスト自転車です。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。